FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人のコラム

うつ病になるとどのくらい薬を飲むのか

医者に行ってうつ病と判断された時に、薬によって処置をするというのがひとつのパターンです。
副作用など色々な問題も指摘されていますが、やっかいなのがうつ病が持つ再発率の高さと言えるでしょう。

その割合は6割~7割と言われることもあり、症状がおさまってきたからと言って油断できないのがうつ病なわけです。薬を飲むことを多くの人が嫌がるわけですが、うつ病の場合は特にその傾向が強くなると言えるでしょう。

なぜなら、再発を防ぐために症状が治まっても薬を飲まなければならないという状態が続くからです。
風邪をひいたら風邪薬を飲む…これは自分が風邪だという自覚症状があるので、飲むことも仕方なし…となりますが、うつ病の症状が治まってきたのに、薬を飲み続けなければならないというのは、多くの人にとって苦痛となるのではないでしょうか。

あるニュースサイトによると、寛解状態になってから最低でも1年間は薬を飲み続けることを推奨する人もいるようです。(http://www.jiji.com/jc/v?p=shinryonaikai-intv00006-01)

こういうことを考えると、やはり医者に行ってうつ病と診断されるのが怖くなるのも無理はないと思います。
本人の判断ですが、薬を使わないうつ病の改善法を先に試す方が良いのではないかとどうしても思ってしまうわけです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。