船井幸雄さんもブログで紹介 セラミックシート セラピュア・セーラの口コミ 評判 > セロトニン症候群 症状

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロトニン症候群 症状

セロトニン症候群の症状

セロトニン症候群とは、脳内のセロトニン濃度が高すぎることによって引き起こされる症状のこと…

うつを解消する為にセロトニンが有効だとは言え、セロトニン濃度が高くなり過ぎるというのも問題ということですね。

実際にセロトニン症候群になってしまったらどのような症状が出てしまうのかちょっとまとめてみました。

詳しくは3系統に分かれるのですが、簡単に説明をすると…

●セロトニン症候群と一言で言っても症状の程度に差がある

●セロトニン症候群の症状は…


軽い症状=頭痛、めまい、嘔吐、

重い症状=昏睡、死亡



正直、うつを解消しようとしてセロトニンが上がった結果、セロトニン症候群になり死亡…
なんてシャレにならないです(汗

もちろん医師による薬物治療なので、その辺はコントロールしてくれるのですが・・・
とは言え、医師の指示通りに薬を服用できない患者もまた多いらしく…

とにかく甘くみてはいけないのがセロトニン症候群というわけです



Rankingから関連記事を探す【入場はコチラ】


▲TOPへ戻る
スポンサーサイト

セロトニン症候群 症状

セロトニン症候群 3系統の症状

セロトニン症候群を甘くみるべからず…

こんにちは。管理人の聡です。

前回セロトニン症候群について簡単に記述したのですが、今回はもう少し詳しく症状を分けてみました。

セロトニン症候群の症状としては以下の3系統に分けられます。

①自律神経系

 吐き気、下痢、体温の上昇、異常発汗、緊張、心拍数の増加、高血圧、

②体神経系および筋肉

  反射亢進、硬直、緊張と緩和の繰り返し、筋肉の痙攣、振戦

③脳認識機能

  頭痛、混乱、錯乱、昏睡、興奮

セロトニン症候群は通常、セロトニン作動系の薬品との相互作用によって発生。



またセロトニン症候群を引き起こす例として、うつ治療の現場(医者による薬物治療)が挙げられますが、その際に使用される主な薬物はモノアミン酸化酵素阻害剤とSSRI、またデキストロメトルファンとSSRIの組み合わせなどがセロトニン症候群を引き起こしやすいのだとか。

(これは医者の治療の仕方が間違えているというわけではなく、むしろ医者の指示通りに治療を受けることができないうつ患者が多いことも原因のひとつとなっているようです)

*かといってうつ患者に非があるというわけでもありません。
 要は薬物治療は継続することが難しく、医者の指示通りにすること自体困難な部分があるようです。


Rankingから関連記事を探す【入場はコチラ】


▲TOPへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。